【画像で解説】WordPressでSASS(.scss)を超簡単に使う方法。CSSを便利で早く記述する。

WordPress

WordPressでSASS(Syntactically Awesome StyleSheet)を使うにはWP-SCSSという便利なプラグインが有名だったが、これをカスタマイズしたSCSS-Libraryというプラグインが出ている。

SCSS-Libraryを使うと、新たにコンパイル対象のディレクトリを作成したりパスの設定をするといった面倒な作業をせずにすぐにscssファイルが使えるようになる。

(参考)WPプラグイン公式 SCSS-Library

ポイントとしてはwp_enqueue_styleでSRCに.scssファイルのURIが指定された場合は自動でSASSと判断してコンパイルしてくれる。

SCSS-Libraryのインストール

プラグインの新規追加で「SCSS-Library」をインストールして有効化する。

scssファイルを作成する

テーマディレクトリ配下に.scssのファイルを作成する。ここでは例として front-style.scss を作成。

html > wp-content > themes > テーマディレクトリ > front-style.scss

functions.phpで読み込む

wp_enqueue_styleを使ってfunctions.phpの中で作成したスタイルシートを読み込む。

例えば、フロントページにのみ適用する場合は以下のようになる。

function addtional_styles() {
  if( is_front_page() ){
    wp_enqueue_style( 'front-css', get_template_directory_uri() . '/front-style.scss' );
  }
}
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'addtional_styles' );

ポイントは’/front-style.scss’でSASSファイルを指定していること。

コードの詳細については、WordPressで特定のページにのみcssを適用する方法を参照。

SASSファイルを編集する

機能するか確認するために、.scssファイルを適当に編集してみる。

.headline{
  margin: 30px 0;
  font-weight: bold;
  font-size: 30px;
  text-align: center;
  &--wrapper{
    list-style: none;
  }
}

セーブしてブラウザで読み込めるか試してみる。

▼Before

before(liタグの点が表示されている)

▼After
SASS形式で記述した list-style: none; が適用されている。

after(liタグの点が消えた)

以上。とても簡単でした。SCSS-Libraryさまさまです。

補足

コンパイルするSASSファイルの数やコード量が増えれば増えるほど処理が重くなる。

 Comet Cache や Autoptimize などのプラグインでキャッシュやコンパイル後のファイルを軽量化するのが推奨。

タイトルとURLをコピーしました