DBeaverの使い方|複数のデータベースをインストールする方法

DBeaver-prograshi(プロぐらし)-kvDatabase

データベースの内容を表示や管理がとても簡単にできるDBeaverをインストールする方法と、DBの接続情報を確認・変更したり、複数のデータベースを追加する方法についてです。

DBeaverとは?

DBの内容を表示し、変更などのSQLクエリの実行が簡単にできるツールです。

機能が充実していて、MySQL以外の様々なDBとも接続ができるphpMyAdminのようなものです。

  • 基本無料(ごく一部のDBの種類によっては有料)
  • Windows、Mac、Linuxなど主要なプラットフォームに対応
  • 複数のDBと接続できる(変更・削除も簡単)
  • ER図を作成してくれる(テーブルのリレーション確認)

DBサーバーに直接入って黒画面で色々操作するよりも、より早くわかりやすく簡単に操作ができます。

かわいらしいビーバーのマークです。

DBeaverの公式ロゴ。

実際にインストールして使用するのは、DBeaver Community Edition(CE)というバージョンです。インストール時にDBeaver Communityと表示されますが、イコール DBeaverと考えて問題ありません。

ちなみに、有料版は DBeaver Enterprise Edition(EE)です。

(参考)Wikipedia DBeaver


DBeaverのインストール

DBeaverの公式ページからダウンロードします。ページにアクセスして「Download」をクリックします。

Downloadページに移動し、自分のOSに合ったパッケージをクリックします。

ここでは、Windows 64 bit (installer)をダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、exeファイルをダブルクリックします。

言語を選択します。

次へをクリックします。

ライセンスに同意するを選択します。

インストールする範囲を選択します。

Windowsの権限承認画面が表示されるので、「はい」をクリックします。

先ほど選択したのと同様の画面が表示されます(エラーではないです)

言語を選択します。

次へをクリックします。

インストールするコンポーネントを選択します。基本的にはデフォルトのままで問題ありません。

インストール先のディレクトリを指定します。

ショートカットを保存するフォルダ名を指定し「インストール」を実行します。

「完了」をクリックします。

以上でインストールが完了です。


データベースとの接続

DBeaverのアプリを開きます。

ファイやウォールでブロックされているので、アクセスを許可します。


サンプルのDBを作成するか聞かれます。ここでは「いいえ」を選択します。(どちらでもいいです)

「新しい接続を作成する」のメニューが表示されます。追加したいDBの種類を選択します。

ここではPostgreSQLを選択します。

ドライバーをインストールします。

接続先のDBの情報を入力します。詳細は各アプリケーションのDBの設定ファイルを確認します。

  1. Host:ホスト名
  2. Port:ポート番号
  3. Database:DB名
  4. ユーザー名
  5. パスワード

左メニューに設定したホスト情報が表示されます。ダブルクリックすると通信を開始します。接続が完了するとDBが表示されます。

DBをダブルクリックすると中野情報が表示されます。


接続情報を変更する

別のDBにつないだり、ログインユーザーを変更したい場合は、左メニューの一番上のアイコンにカーソルを合わせ右クリックをし、「編集 接続」をクリックします。

すると先ほどの接続情報の画面を編集することができます。


DBの追加や変更(PostgreSQL→MySQL)

更に別の接続先を追加したり、接続しているDB自体を変更(例:PostgreSQL→MySQL)したいときは、+マークのついたプラグアイコンをクリックします。アイコンは複数ありますがどれも同じです。

変更したいDBを選択し、「次へ」をクリックします。

「ドライバーをダウンロードする」のウィンドウが表示された場合は、「ダウンロード」をクリックします。

接続先のDBの情報を入力します。詳細は各アプリケーションのDBの設定ファイルを確認します。

  1. Host:ホスト名
  2. Port:ポート番号
  3. Database:DB名
  4. ユーザー名
  5. パスワード

OKをクリックすれば、左カラムに新しいDBが追加されます。

このように、 +マークのついたプラグアイコンをクリック すれば接続先情報をどんどん追加することができます。

タイトルとURLをコピーしました