小規模事業者補助金で申請した購入内容(商品)に誤りや、後継機・後継モデルが発売されたときに変更申請は必要か?

ビジネス
記事内に広告が含まれていることがあります。

小規模事業者補助金で申請していた購入品の一部に型式の誤りや、申請当初から日時が経過したことで後継機種が発売されたなどの変化がありました。

こうしたときに、いちいち変更申請などの細かい手順を踏まなければいけないのでしょうか?


結論:変更申請はいらない

結論から言うと、軽微な変更であれば変更申請は不要です。


例えば、下記のような場合です。


例1:型式の間違い、互換品を購入していいか?

申請内容は「EX-80A レンズフード、申請金額:4,000円」です。

これは、型式が間違っており、正しくはEQ-80Aでした(商品型式がWではありませんでした)。
この型式の修正と、加えて、購入するときに、互換品(商品名:EQ-80A 互換フード、 価格:2,000円)に変えたいという場合です。


これに対する、事務局からの回答は以下でした。

型番の相違も軽微ですので変更申請も必要ありません

ということなので、変更申請はしなくてもよいそうです。

ちなみにですが、買わないという選択をする場合は変更申請が必要になるそうです。


例2:後継機種が発売されたので、後継機を購入してもいいか?

申請内容は「DJI RS3 申請金額:60,000円」でした。

申請時はこの機種が最新だったのですが、つい先日新機種としてDJI RS4が発売となりました。これに合わせて、後継機種を購入したいという内容です。

後継機種は「DJI RS 4 価格:65,000円」です。


これに対する、事務局からの回答は以下でした。

後継機の購入でもOKで、こちらも変更申請不要との事でした。ただ、様式8号実績報告書に簡単に変更理由を記載した方が良いと思います

ということなので、変更申請はしなくてもよいそうです。



あくまで確認です

上記は現時点での事務局からの回答です。状況によっては対応方法が変わることもあるので、事務局に問い合わせるのが一番無難です。

ただ、「うわ~後継機種出たよ。でも申請は前の機種だからあきらめて大人しく申請時の機種を購入するか、、、残念だな」とか「うわ~型式間違えたどうしよう、、」と思っている方はそこまで心配しなくても大丈夫そうという、エールです。

補助金を使った事業を考えている方はぜひ参考にしてください。


タイトルとURLをコピーしました